消費者金融と銀行カードローンの安全性について

消費者金融と銀行カードローンを比較すると、銀行カードローンの安全性の方が高いような気がするのが一般的です。しかし、実際には、健全な消費者金融であれば、安全性自体は変わりがありません。ここで問題となるのは、消費者金融の中には、法的な規制を無視して高い利息で契約を結ぼうとしたり、厳しい取り立てを行ったりする業者、いわゆる闇金融が存在していることであり、これら闇金融のイメージが消費者金融のイメージを下げ、相対的に銀行カードローンのイメージを上げていると言えるのです。

このようなことから、これらの安全性の問題については、とにかく闇金融に引っかからないことに気を付ければ、あまり問題にはならないと言えます。今日では、特に悪名高い闇金融が名指しで紹介されているサイトなども多いため、このようなサイトをうまく利用して、闇金融に関係してしまうことを事前に割けていくことが推奨されます。また、仮に闇金融と契約してしまったとしても、早急に弁護士などに相談すれば、大きな問題になる前に事態を収束できる確率も高まります。

そのため、これらのいずれかを利用して借り入れをする場合は、他の条件の方が重要となってきます。基本的には、利息などの借入の条件は銀行カードローンの方が良い代わりに審査は厳しく、消費者金融は、利息などが高くなる代わりに、無利息機関などのサービスがあり、審査も緩めです。これらのことから、それぞれの業者の評判や信頼性を確認したうえで、これらの条件を比較して、借入をする業者を選んでいくことが推奨されます。

審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら